プレカトゥスの天秤[Project7]

プレカトゥスの天秤[Project7]

FUJI GAMES, INC.
★★★ 3.5 リリース 2018-10-31
RPGiPhoneAndroid
SPgame
総合順位
221
レビュー
17
iPhone
無料
--
セールス
--
Android
無料
--
セールス
--


キャラクター原案に前田浩孝氏(Rejet)、 音楽に坂本英城氏(ノイジークローク)、 シナリオ原作協力に暁影二氏(STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム等担当)を迎え、 クオリテイの高いキャラクターデザイン、 サウンド、 シナリオを実現する本格RPG


■アニメーションとシナリオに強みを持つ、 スマホRPG向けの内製ゲームエンジンについて

 フジゲームスと株式会社スマイルラボ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:伊藤 隆博、 以下スマイルラボ)は、 スマホRPG向け内製ゲームエンジンの共同開発を進めています。
 昨今のソーシャルゲーム市場において、 キャラクター表現力とシナリオ性が高いゲームが求められており、 同ゲームエンジンを活用することにより、 「Live2Dに対応したキャラクターアニメーション表現の強化」、 「大容量のシナリオを盛り込めるオーサリングツール」、 「開発工程の短縮/効率化のための共有ライブラリ」などを準備し、 今後、 外部のIPホルダーやクリエイターの皆様との協業を企画開発していく予定です。
 現在は同ゲームエンジンを活用した第一弾のゲームとして、 スマホ向けのマルチシナリオ型RPG『Project7』を開発中です。 今後、 フジゲームスとスマイルラボは、 ゲームの開発技術や運営ノウハウを共有し、 新たなゲームやサービスの展開を広げていきます。


【僕にとっての正義は、 世界にとっての罪なのか・・・】

 フジゲームスが現在開発しているスマホRPG向けの内製ゲームエンジンを活用したオリジナルスマホゲームの第一弾プロジェクト。 プロジェクトコードネーム『Project7(プロジェクトセブン)』として始動し、 正式ゲームタイトルは『プレカトゥスの天秤』に決定いたしました。
 「7つの国」と「7人の主人公」――。 「攻め込んだ国」と「攻め込まれた国」――。 単行本7冊分を超えるシナリオボリュームで、 1つの歴史を7つの視点から読み解く「本格マルチシナリオRPG」として、 2018年秋のリリースを予定しております。
 キャラクター原案に前田浩孝氏(Rejet)、 音楽に坂本英城氏(ノイジークローク)、 シナリオ原作協力に暁影二氏(STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム等担当)を迎え、 クオリティーの高いキャラクターデザイン、 サウンド、 シナリオを実現。
 キャラクターのボイスには、 代永翼さん、 中村悠一さん、 茅野愛衣さん、 杉田智和さん、 花澤香菜さん、 梶裕貴さん、 尾崎由香さんら豪華声優陣を起用し、 正義と罪をテーマにした100体を超えるキャラクターが登場します。


■交錯するストーリー:7つの"正義"と"欲望"
『プレカトゥスの天秤(祈りの天秤)』は、本格マルチシナリオRPG。
オルディア大陸、7つの国の7人の主人公の視点から、この世界の正義と罪を追体験する物語。
ライトノベル×7冊分(7か国)に相当するボリュームと、
表と裏に交差する本格的なシナリオに挑戦しているオリジナル大作RPGが登場!



■表と裏に交差するマルチシナリオシステム
オルディア大陸1900年、ヴェルム帝国の宣戦布告に始まる1年戦争において、
1つの歴史を、7つの国(7人の主人公)の異なる視点で物語を楽しめる!



■鉄と蒸気と銃の世界観、音楽…
1900年産業革命後を舞台に、ダークな世界観、メインキャラクター原案を前田浩孝(Rejet)。
100人を超える登場キャラクター達が交差するシナリオ原作協力は、
暁影二(「STEINS;GATE線形拘束のフェノグラム」担当)。
そして、その世界に流れる切ない音楽をノイジークロークの坂本英城が制作。



■約100人の豪華声優陣
中村悠一、代永翼、茅野愛衣
梶裕貴、杉田智和、尾崎由香
花澤香菜、伊藤静、明坂聡美
など、約100名の豪華声優陣が参加。



■バトルシステム
戦略性の高い陣形バトル。
ロールを加味した編成や、キャラクター×武器装備の組み合わせで個性的なデッキを構成。
そして戦況に適した陣形でバトルに挑み、戦いを優位に進めよう!



■育成システム
育成ボードシステムを搭載。
じっくり、自分の好みに合わせてキャラクター育成が可能!


ユーザーレビューUSER REVIEW

レビュー評価分布
3.5
/ 5 ( 17件/週 )
★★★★★
★★★★
★★★
★★
※評価点、レビュー数は直近一週間分の数値となります。(リアルタイム性を重視しています)エスピーゲームで一週間以前に投稿されたレビューは全て掲載されますが、評価点、件数には加算されません。AppStoreで投稿されたレビューは最新から最大50件を掲載しています。AppStoreで投稿されたレビューも直近一週間のレビューは評価点、件数に加算されます。悪質なコメントやユーザーは制限・削除対象となりますのでご了承ください。
レビュー投稿
レビューを投稿する
タップして評価する
送信する キャンセル
anhtwlac
★★★ 2018-12-12
post by
AppStore
男性でもアリ!
友人の女性に勧められて始めてから1週間が経ったのでレビューします。 当方は男性なので初めは絵柄から「これは女性向けゲームなのでは…」と先入観がありましたが、実際にプレイしてみると女の子キャラもとても可愛く描かれており何も問題のない内容でした。 ソシャゲでまず気になるのは石の配布とガチャの確率だと思いますが、石はそこそこ配ってくれている方だと思いますし、ガチャの確率も10連すれば1体は最高レアのキャラが出てくれる事の方が多いので悪くないかと思います。 プレイしていて気になるのはクレド(コイン)の取得量の少なさとキャラの育成の手間です。 クレドは強化や合成を行う時に使用するのは当然としてその他にも一部素材アイテムを購入できたり、あとは武器ガチャが回せます。 武器ガチャを石ではなくクレドで回せるのはとても有り難い仕様です。 ですがこのゲームの武器は最高レアのものでも複数同じ物を重ねていかねば使い物にならない(18/12/11のアップデートにより最高レアの武器は重ねなくても高ステに上方修正されました)、また武器レベルを上げるには使わない武器を素材として合成していく作りなので武器ガチャはなるべく多く回すことになり必然的にクレドは速攻で底を尽きます。 次にキャラの育成が手間という点ですがこれは他の方も書かれている通り、最高レアのキャラでも進化してはLv1に戻り、100まで上げてまた進化してはLv1からで120まで上げてようやくカンストといった仕様です。 進化素材にはドロップしづらい物もあり、レベル用の合成素材も結構な数が必要で面倒です。 ただ今のこのゲームの最大の問題点はこの育成作業を簡単にしてしまうとゲームとしてやる事がなくなってしまうという事です。 よく言えば古き良きとも言えますが正直なところ前時代的なゲームシステムで戦略性も特に感じずレベルを上げて殴るだけです。 戦闘シーンも2Dキャラ戦闘で必殺技は派手さはなく3〜4年前あたりならともかく、本格的なFPSゲーまで蔓延る2018年末の現在においては古臭さを禁じ得ません。 据え置き機のRPGもストーリーが売りでレベリングがゲーム性の物は数多くありましたが、このゲームにはダンジョンやフィールド探索といった楽しみが無いので本当に頼みの綱はストーリーのみという事になってしまいます。 ですがそのストーリーも面白くはありますが、今後もこれらのマイナスな側面を全て抱えてなお引っ張れるほどか?となるとなかなか難しいものを感じてしまいます。 というか元々の原作ファンが存在しないオリジナルゲーでそれほどの牽引力のあるストーリーとなるとラノベ等においてヒットしてアニメ化の続編をバンバン出しちゃうレベルな気がするのでそれを1ソシャゲに求めるのは酷…だからせめて何とかマイナスな部分を無くしていって貰えれば元来のストーリーの良さといったプラス部分が目立つ形となるので…といった感想(願望)です。 まだリリースされて大して日にちも経ってないし、お気に入りのキャラクターもおり、また色々書きましたが総括的には決して悪いものではなく伸び代を十分に感じさせるゲームなので運営さんはとても大変だと思いますが、何とか力尽きずこのゲームをパワーアップしていってもらいたいと切に願いますm(__)m
ID:3520603109
0
0
雛鈴:Ψ
★★★★★ 2018-12-11
post by
AppStore
楽しい!
ストーリーもキャラもいいしなにより公式さんの気前がいい!! 俺はレナート君が好きなのでジェリーダ皇国のストーリーが更新されるのを待ってます😘
ID:3519199086
0
0
イブシ32
★★★ 2018-12-11
post by
AppStore
星3つ
可もなく不可もなくが正直な印象。スキルは発動する前に戦闘終わるし、戦闘も単調。環奈ちゃんの声が聞きたくてレアリティは低いけど同じキャラ使ってます。
ID:3519295162
0
0

コメントCOMMENT

『プレカトゥスの天秤[Project7]』の簡易掲示板です。雑談や質問などにご使用下さい。
※悪質なコメントやユーザーは制限・削除対象となりますのでご了承ください。
コメントを投稿する
コメントはまだありません。